ABC理論 ~ 捉え方が行く末を変える

ABC理論 ~ 捉え方が行く末を変える

ABC理論

ABC Theory

他人が放つ何気ない言葉に心えぐられたりダメージを喰らうことってありますよね。相手はそんなつもりないのに、ネガティブに捉えちゃったり、あるいはチキン過ぎて聞くに聞けず、勝手にそう思い込んじゃってたり。そういうのやめたいって思っても性格や性質は変えられないですよね。今回は捉え方というお話。

続きを読む
虚飾で彩られたカラス ~ 借り物の羽

虚飾で彩られたカラス ~ 借り物の羽

虚飾で彩られたカラス

The Bird in Borrowed Feathers

自信がないというクリエイターや強みがないという駆け出しクリエイターのみなさんが、いろんなものに手を出す光景を目にします。知見を広げたり、関連する知識や情報によって得意分野を深めるのは大賛成ですが…今回は虚像について。

続きを読む
ホントの仕事 ~ 勝手な思い込み

ホントの仕事 ~ 勝手な思い込み

ホントの仕事

The real work

指導する立場の人が1つのことを伝えるとします。でも聞いてる側、受け取る側からすると、その捉え方は人それぞれで必ずしも1つとは限りません。時には想定外の捉えられ方をされることも。今回はちょっと笑える十人十色というお話。

続きを読む
三人のレンガ職人 ~ 10年後のキャリアパス

三人のレンガ職人 ~ 10年後のキャリアパス

三人のレンガ職人

Three Brick craftsman

この話を目にしたときに何やら既視感を感じました。絶対知ってる話なんだけど一向に思い出せないでいました。そんな時、クライアントのヒアリングについて、WEB制作では目的が重要だとセミナーで話してる途中で思い出しました。見直してみたらやっぱりそうでした。しかも瓜二つな内容。今回はキャリアパスというお話。

続きを読む
恋するライオン ~ 牙を失ったクリエイター

恋するライオン ~ 牙を失ったクリエイター

恋するライオン

The lion which is in love

クリエイターやエンジニア、WEB制作に携わる人は何かしら武器になるもの、つまり得意なものや強み、他には負けない何かを持っているだろう。でもそれを封じられたり、取り上げられたとしたら。ということで、今回は武器というお話。

続きを読む
近所に住む2匹のカエル

近所に住む2匹のカエル ~ 環境の選択

近所に住む2匹のカエル

Two frogs

歳を重ねると何事にも億劫になる。環境や状況の変化を嫌って、何事も起こらなければいいなぁと平穏無事を祈ってる。いろいろ面倒くさいので、現状に甘んじるって人って多いんじゃないだろうか。今回は変化というお話。

続きを読む
ひび割れ壺

ひび割れ壺 ~ 受け入れる度量とユーモアセンス

ひび割れ壺

Crazing pot

誰にだって欠点や弱点の一つや二つはあるだろう。少なくとも自覚はあるだろう。仕事中にその欠点が露呈して「自分はこの仕事に向いてないんじゃないか?」って思う瞬間って、今までに一度ぐらいあるんじゃない?今回はチームマネジメントのお話。

続きを読む
カズウィーンの勇者殿

カズウィーンの勇者殿 ~ 鬣(たてがみ)の無い獅子

カズウィーンの勇者殿

Hero of Kazwien

クライアントは他と何か違うものっていう爆弾をしばしば投下してくる。差別化とかオリジナリティとか、強みやブランディングとか、その名を変えて襲ってくる。でも、その多くは思い付きやノリのようなもの。だんだんと現実味を帯びてくると…。弱虫の勇者殿というお話。

続きを読む
すっぱいブドウ

すっぱいブドウ ~ ポジティブな負け惜しみ

すっぱいブドウ

Fox and grapes

何かに失敗しちゃったときに恥ずかしかったり格好が悪かったり、ばつが悪かったりして、周りに対しては強がって見せ、自分に対しては言い訳をする。こういう作業って意識的にせよ無意識にせよ、みんなやることでしょう。今回は負け惜しみというお話。

続きを読む
ギリシャの絵描きと唐の国の絵描き

ギリシャの絵描きと唐の国の絵描き ~ 純正な心とデザイン

ギリシャの絵描きと唐の絵描き

Greek designer and Tang designer

デザイナーの習性なのか、デザインがうまく決まらないとき、あれこれとこねくり回して挙句、どんどんどんどん、もりもりもりもり、付け加えていっちゃう現象ってあるあるだよね。世の中シンプル、ミニマルが好まれる時代。ここは原点に立ち返って、心の鏡というお話。

続きを読む