北風と太陽

北風と太陽 ~ 時には北風だって

北風と太陽

The North Wind and the Sun

今回はイソップ寓話の有名な話。中でも一度は聞いたことがあるであろう『北風と太陽』。着ているものを脱がせたければ北風より太陽だという話だが、ホントにそうなのか?っていう臨機応変というお話。

一応、どんな話かというと、

北風と太陽が、どちらが強いかで言い争っていた。
議論ばかりしていても決まらないので、力試しをして旅人の着物を脱がせた方が勝ちと決めた。
最初に北風がチャレンジするも、冷たい強風にさらされ、旅人は震えあがり、着物をしっかり押さえ、寒さのあまり今まで着ていた着物の上に、もう1枚重ねて着てしまった。
次に太陽。太陽はまず始めにポカポカと暖かく照らす。そして旅人がさっき1枚余計に着込んだ上着を脱ぐのを見て、さらに暑く強い日差しを送る。ジリジリと照りつける暑さに、旅人はたまらなくなり着物を全部脱ぎ捨てると、近くの川へ水浴びに行った。

人に何かをしてもらう為には、北風の様に無理矢理ではうまくいかないという例え話だがホントにそうだろうか。僕はちょっと違和感を感じる。確かに太陽の様に相手の気持ちになって考え、行動すれば無理をしなくても人は動くという考え方は嫌いじゃない。

しかし、そもそも議論ばかりで埒が明かないから力試しで決着しようとしているわけです。商談や議論の場で決着を付けなければ先に進まない状態の時、時間の許す限り意見の堂々巡りを永遠と聞かされる会議があるとします。それは有効的な時間の使い方と言えるでしょうか。
いいえ、それは苦痛以外の何物でもありません。太陽のようにジワジワと説得を続ければすべて解決するというものでもありません。「えいやー」で決断していく北風方式も時には必要だと思うのです。

つまり、強行に進めていく北風が良くないということではなく、議論を尽くしたうえで、最終的に北風を使うか太陽を使うかは、その場の状況や今後の影響を考えて、臨機応変に対応すればいい。決まらない、決められない決裁者だって結構いる。責任を取りたくないから敢えて決めない人も居る。
そういった優柔不断な態度の決裁者にいつまでも付き合っていたら、決定の時期を逃し、スケジュールにも影響が出てる。そしてそのツケを払わされるのは、デザイナーやコーダーなど、実際に手を動かすクリエイターなのだ。

こういう状況が見えているとすれば、太陽も相手の気持ちになって考えられるのですから、きっと北風にバトンを渡すこともあるだろう。
立場が違う人に自分の立場を理解させるのはなかなか難しい。容易なことではありません。

誰にも判断できないことであれば「北風」を、時間をかけて説明すれば理解も納得もできるのであれば「太陽」を使う。都合よく『北風と太陽』を例に持ち出し、間違った解釈でいたずらに時間を費やすのではなく、冷静にその場が「北風」向きか「太陽」向きかを判断できるマネージメント能力を身につけておきたいものです。自戒を込めて、そう思うわけです。

北風と太陽

というお話でした。

~ 本文で紹介された書籍をご紹介 ~

北風と太陽 【日本語/英語版】 きいろいとり文庫