カラスとハト ~ 悪知恵の代償

カラスとハト ~ 悪知恵の代償

カラスとハト

crows and pigeons

話を合わせて調子よく立ち回る人っていますよね。会議とかで顔色を伺いながら微妙に舵を取る人。どっちなんだよ、自分の意見はないのかって個人的には軽蔑するけど、ある意味自我を持たずに態度を保留する精神力は凄いなぁって思う。今回はどっちつかずってお話し。

人数の多い会議などで決を採る場合、こういうどっちつかずの存在は流動的で不確定要素をはらんだ場を荒らす厄介な存在。どっちか決めかねる優柔不断とは違って、パワーバランスや自己保身でどっちにつくかを決めていて、そこには明確な意思と悪意があるから質が悪い。

こんなイソップ寓話があります。

ある日、ハト小屋でおいしそうに餌を食べてるハトを見かけたカラスが羨ましく思い、ごちそうにありつくために考えを巡らせ、黒いカラダを白くすることを思いついて、まんまとハト小屋の潜入に成功し餌にありついた。

あるハトが白塗りのカラスに声を掛けると、カラスはうっかり「カァ」と鳴いてしまい、ハトたちに正体がバレてしまいます。

ハト小屋から追い出されたカラスは、渋々、仲間のカラスの群れに戻りますが、カラスたちは変な白いカラスが来たと追い返します。

白いカラスはハトからもカラスからも仲間外れになり、餌にありつけなくなりました。

あっちふらふら、こっちふらふらしていると、最後はどちらにも見放されるという『カラスとハト』というお話です。以前『虚飾のカラス』という、王様になりたいカラスがキレイな鳥の羽根をカラダに刺して着飾ったけど、バレてしまって逆にみすぼらしいカラスになってしまった話をコラムで書いたんですが、この話も見た目を変えるという意味では似た教訓があるように思います。

気の多いクリエイター

2つの話に共通しているのは本質は変わらないというところで、見た目を偽装してもいずれはバレてしまいます。今回の話は、どちらにも受け入れられないという点で自業自得とは言へ、より残酷な結末にも感じます。自分本位で仲間を結果的に裏切ってしまう行為は罪深いですよね。怒りというより失望でしょう。

クリエイターにもそういう人いますよね、興味のあるあらゆるものに手を出す、所謂、気の多い人。欲望に忠実なだけで悪気はないと思うんですけど、何を得意としてる人なの?とか、どこに属してる人なの?っていうところから、どこで絡んでる他のクリエイターも「よく知らないし、ウチの人ではない」って口々に言います。白いカラスと同じ状態ですよね。

好奇心はクリエイティブには重要なファクターだと思うし、まず試してみるっていう行動力や推進力は大事だと思うけど、あちこちの活動に首突っ込んで、参加とは名ばかりで実際に活動はしてない、行動が伴わない、八方美人のような立ち居振る舞いは感心しないですよね。あまりクリエイターとして一緒にお仕事したいタイプではない。偏見かもしれないけどトラブルメーカーのニオイしかしない。

僕自身、好奇心も強いし行動に移す方だし、飽きっぽい性格でもあるんで、そうならないように自戒を込めて気を付けようと思います。

ちょっと今回のテーマとは違いますけど、最後に可哀そうというか気の毒な話を一つ。

本人曰く方言や訛もすっかり抜け、流行りにも少しは敏感になったと言う地方から東京に出てきた人の話で、先日、久しぶりに地元に帰って友達と集まった時に、

すかしやがって!

すっかり都会に染まったな

地元を捨てたな

なんて冗談半分に言われたと。でも一方で東京の人からは、

なかなか垢抜けないね

いや、どうみても東京に人には見えないでしょ

なんか素朴な感じがいいよね

なんて冗談半分に言われたと。

いや、多分冗談じゃなくそう感じてるのかもよ?ちょっと見栄を張ったって言うか気取っちゃったのかな。地元の友達はそれが鼻についたのかも。少なくとも訛ってるし、それ通じるけど方言だよ?って言いかけて、あまり親しくないので飲み込んだけど。

地元では地元を捨てた人と言われ、東京では垢抜けずに都会の人じゃないと言われ、いったいどこの人?みたいになってるってところだけ見れば、カラスなの?ハトなの?っていうのとオーバーラップして笑っちゃいますよね。

お気の毒に。

カラスとハト

というお話でした。

~ 本文で紹介された動画をご紹介 ~

白いカラス