虚飾で彩られたカラス ~ 借り物の羽

虚飾で彩られたカラス ~ 借り物の羽

虚飾で彩られたカラス

The Bird in Borrowed Feathers

自信がないというクリエイターや強みがないという駆け出しクリエイターのみなさんが、いろんなものに手を出す光景を目にします。知見を広げたり、関連する知識や情報によって得意分野を深めるのは大賛成ですが…今回は虚像について。

最近、こんな相談をよく受けます。

WEBマーケティングをやった方が(やっといた方が)いいでしょうか?

こう問いかける人たちの殆どが駆け出しのクリエイターさんなんです。経験や実績が乏しく、思うように仕事が取れなかったり、遣りたい仕事ができてなかったりして、焦りやフラストレーションから、何かしなきゃ!っていう思いがあるのでしょう。

要するに自分のスキルに自信が持てないから、メニューを増やすためにあれやこれやとやり始めるんですよね。特にこの1年、コロナの影響もあって、業界は通常とは違う動きをしています。

東日本大震災の時もそうでしたが、有事で通常営業ができない状況下では情報商材やマーケティングといった形の無いものや成果が怪しいものが流行る傾向にあって、それを取り入れようとする俄か人口が増えるんです。
有象無象が動き出し、新たなものをつくる技術も予算もないけど、既にあるものを伸ばしましょうという名目で、ネットビジネスが賑わいます。

普段発言してなかった人が映像や音声、SNS上での発言をし始めて、吊り情報も含めた露出が増えることで、先の駆け出しクリエイターさんが煽られることで、WEBマーケをやるべし!ってなるんだと思います。

あなたは何屋さん?

WEBマーケをやった方がいいか?という質問は「どっちでもいい」が答えです。
逆に僕から質問、「あなたは何をする人ですか?」

何をする人かによって、業務に必要と思うならやればいいし、そうじゃないならやらなくていい。答えはシンプルです。お客さんになる人もきっと「何をする人なんだろう?」っていう問いかけをしてくるはずです。

これって虚飾のカラスに似ていると思いませんか?
黒い姿に引け目を感じてキレイに見えるようにあれこれと抜けた羽を指していく。キレイに飾ったところでそれは借りてきた羽、要するに他力本願。自分の羽じゃないのですから、いずれ底が浅いことがバレてしまいます。

僕も企業のマーケティング室に在籍していたり、コンサルファームでマーケティングに携わったことはありますが、僕自身をマーケターやアナリストと思ったこともないし、そう名乗ったこともない。業務としてもマーケをやると営業したことも宣伝したこともありません。
身近にスペシャリストを見てきたし、リスペクトもしてるので、マーケティングができると言うこともおこがましいし、はばかられますよね。

企業や事業の課題解決やさらなる推進をクリエイティブで実現するWEBプロデューサーが僕の仕事で、その辺はちゃんとわきまえてるつもりです。

今は未熟でも目指してるものがあったと思います。制作ならデザイナーかコーダーか、ディレクターか、目指していたものをクリエイターとして目指す。結局はそれがクリエイターとして認められる一番の近道だと思うのです。
どちらにしても、コロナが緩和されて通常の営業に戻ったら、口々にマーケティングと言ってた人たちも、怪しい吊りツイートも影を潜めます。一過性のものです。

カラスが自身の黒い姿を受け容れ、その黒い羽に磨きをかけていれば、結果もまた違っていたかもしれません。
みなさんはキレイな羽を探してる最中ですか?それとも自分の羽に磨きをかけている途中ですか?

虚飾で彩られたカラス

というお話でした。

~ 本文で紹介された書籍をご紹介 ~