ひび割れ壺

ひび割れ壺 ~ 受け入れる度量とユーモアセンス

ひび割れ壺

Crazing pot

誰にだって欠点や弱点の一つや二つはあるだろう。少なくとも自覚はあるだろう。仕事中にその欠点が露呈して「自分はこの仕事に向いてないんじゃないか?」って思う瞬間って、今までに一度ぐらいあるんじゃない?今回はチームマネジメントのお話。

続きを読む
カズウィーンの勇者殿

カズウィーンの勇者殿 ~ 鬣(たてがみ)の無い獅子

カズウィーンの勇者殿

Hero of Kazwien

クライアントは外と何か違うものっていう爆弾をしばしば投下してくる。差別化とかオリジナリティとか、強みやブランディングとか、その名を変えて襲ってくる。でも、その多くは思い付きやノリのようなもの。だんだんと現実味を帯びてくると…。弱虫の勇者殿というお話。

続きを読む
ギリシャの絵描きと唐の国の絵描き

ギリシャの絵描きと唐の国の絵描き ~ 純正な心とデザイン

ギリシャの絵描きと唐の絵描き

Greek designer and Tang designer

デザイナーの習性なのか、デザインがうまく決まらないとき、あれこれとこねくり回して挙句、どんどんどんどん、もりもりもりもり、付け加えていっちゃう現象ってあるあるだよね。世の中シンプル、ミニマルが好まれる時代。ここは原点に立ち返って、心の鏡というお話。

続きを読む
光の宮殿

光の宮殿 ~ 受け入れる度量とユーモアセンス

光の宮殿

Palace of the light

こういう仕事をしていると、毎日のようにアイデアを求められる。アイデアを求められることも提案することも好きでやってることなんで苦にはならないし、それ自体は楽しんでやっている。発想の転換というお話。

続きを読む
目に見えぬ象

目に見えぬ象 ~ オリエンの重要性

目に見えぬ象

Blind men and an elephant

クライアントやディレクターから案件の詳細を聞かされずに「こういう作業をいつまでにお願い」とだけ言われて着手することがあるだろう。全体像が見えないままの作業は不安なものですよね。今回はオリエンの重要性というお話。

続きを読む