老人と海

老人と海 ~ 孤独との闘い

老人と海

The old man and the sea

日々、勉強を欠かせないこの業界で、食べていくために必死で、いろんな技術を習得しようと脇目もふらずに突き進んでることと思います。しかし、その技術を習得することが、いつしか目的となっていて、技術を習得したことで満足しちゃうってことありませんか。今回はココから本番というお話。

今回は有名な小説、 アーネスト・ミラー・ヘミングウェイ( Ernest Miller Hemingway ) の『 老人と海 』を、この業界に重ねてみたいと思う。読んだことがない方のために、かいつまんでみましょう。

年老いた漁師は84日間、不漁が続いていた。助手の少年が用意してくれるちょっとした食事と朝のコーヒーだけで過ごす日々が続き、助手の少年も40日を過ぎたころから親の命令で他の船を手伝うことになる。

85日目、ついにカジキマグロを釣り上げるが、仕留めた獲物が大物過ぎて船に揚げることが出来ずに、横腹をモリで突いた状態で引きずるように海岸に戻ることに。

しかし、陸へ向かう途中にサメに何度も襲われ、港に辿り着いた時には、巨大で良質なカジキマグロは骨だけになっていた。

参考:ヘミングウェイ 著:『老人と海』 より

何ともやりきれないストーリーです。

余裕で一冬越せるだけの大物を久しぶりに釣り上げたのに、一人で船に揚げる術がなかったために、とうとう骨だけを残して船ごと根こそぎもっていかれるという、老人にとっては泣くに泣けない状態。肩を落としたことでしょう。

大事なのは”それから”

冒頭の問い掛けのように、みなさんも食べていくために必死で技術を習得しようと、日頃から努力し、アンテナも張って情報収集していると思いますが、これは手段であって目的ではないはず。だけど、習得した達成感で、その後、どう役立てていくのかまでは考えずに、そのまま気がつけば手元には何も残っていない。そう、カジキマグロのように。

この物語で肝心なのは、”それから” なんだよって事を、暗に言わんとしてる気がしてならない。
カジキマグロを釣り上げたものの、どうやって無事港まで変えるか、つまり ”ココからが本番” 、 ここからが新たな挑戦に繋がっているんだって言ってる様に思える。

この業界で例えてみましょう。スキル上げや知識向上、情報収集、交流なんかの目的でセミナーや交流会などのイベントに参加。しかし実際には、イベントに参加したところでスキルは上がらないし、交流だって深まらない。ただそんな気になって帰ってきただけ。 問題はイベントに参加した後、この先どうして行くべきかを考えて行動することだろう。

孤独との闘い

他にもこの小説から学ぶことはいくつかあります。

例えば、助手の少年が不漁になって40日目以降に来なくなってから、老人は独り言が増えていることに気付く。これではダメだ、全部自分でやらなきゃダメなんだ。

「あの子がついていてくれたらなあ」と、一人で漁に出るようになってから始まった独り言を口にする。
しかし、「何を言うんだ、今、お前には少年はついていないんだ」と、彼は思い直す。
「お前にはただお前だけしかついてはいない。なんとしてでもやるんだ、さあ、いますぐ」

出典:ヘミングウェイ 著:『老人と海』 より

フリーランスになってから、誰も頼れない、誰も助けてはくれない、自分で解決しなきゃいけない、自分で何とかしなきゃいけないんだ…こういう思いになったことがある人は多いだろう。自分を鼓舞するため、弱音を打ち消すように、敢えて声に出して言ったこともあるんじゃないだろうか。

僕自身、弱気になることは何度もあるし、それは今だにある。
その度に、弱い自分を振り払うために頭を振り、膝を叩いて立ち上がり、自身に言い聞かせるのです。
誰も変わってはくれない、誰も手伝ってはくれない、自分でやるしかない、ダイジョブ、今まで乗り越えてきたじゃないか、今回もきっと上手く行く…よし!

また、老人はカジキマグロが骨だけになり、さぞ残念だったろうし、落胆しているだろうと思いきや、老人は陸に戻って、ちょっと意外な反応を見せるのです。

老人は陸に戻り、「みんな、俺を探しに出たかい?」と、少年に聞くと、「ああ。沿岸警備隊と飛行機が出たよ」などと応えた。 話をするうちに、話し相手がいるということがどんなに楽しいことかを老人は理解する。

出典:ヘミングウェイ 著:『老人と海』 より

フリーランスになると、半ば引き篭もりで孤独に作業することが多くなる。忙しくない時でも、親しい人たちと時間が合わなかったり、向こうが忙しかったりで、結局独りで居ることが多くなり、SNSが唯一、社会との接点みたいな人も少なくない。
音楽やラジオ、テレビを聞き流しながら、ふと気づくと独り言をつぶやいていることに気付いて、凹み過ぎて笑えてくることすらある。

自由で動けるはずのフリーランスが、スケジュールに縛られて予定が立てられなかったり、残した仕事が気になって出掛けられなかったり、ただただ疲れてゴロゴロして終わったりとか。フリーランスのデメリットと言えるかもしれない。

老人は、海上でたった一人でカジキマグロと格闘し、仕留めたあとに今度は独りでサメと何度も格闘した。それ以前に84日間の約半数以上を一人で漁に出てて、不漁で帰ってくる毎日を繰り返していた。

さぞ孤独だったろうと想像するに難くないが、カジキマグロをサメに横取りされたことよりも、骨だけ残った小舟を仲間の漁師に笑われて、少年とも会話できたことにホッとした老人の姿がフリーランスと被る気がして、老人の気持ちはなんとなく判るような気がする。やっぱり怖かったろうし、寂しかったんだと。

この小説は、いろんなことを考えさせてくれます。

みなさんは、どんな環境で働いていますか?

毎日不安の中で、孤独に寂しく作業していませんか?

もし、老人と同じような気持ちのクリエイターが居たら、最後の砦としてQriousがあることを覚えておいて欲しい。 スキルアップも日頃の作業も、みんなで楽しく、励まし合って、一緒にやっていける仲間がいます!

この先、どうして行くか、そう、ココからが本番です。

老人と海

というお話でした。

~ 本文で紹介された書籍をご紹介 ~